カタログNO_C341

浜本工芸(濱本工芸)社製
ソファ張り替え

C341 HO邸 C341 HO邸 ご自分の使い勝手に合わせてソファを張り替える

お客様リピート実績

カタログNO_C341
同製品でのお見積りはコチラ
浜本工芸(濱本工芸)社製
ソファ
使用した生地詳細はコチラ
フレイバ(メーカー:シンコール)
プレーン/布/平織り/ダークグレー
同タイプの加工例(計13件)
浜本工芸(濱本工芸)社製
ソファ
きっかけ HPより 当社への連絡 見積もりフォーム
引取方法 お引き取り 引取日 2002-05-31
依頼加工内容 工場での作業 お預かり期間 21日間
納品方法 納品 納品日 2002-06-21
納品場所 東京都杉並区 HO邸(個人宅)
納品住所 東京都杉並区
ご注文回数 3 回|お客様リピート実績へ

加工内容
製造メーカー 浜本工芸(濱本工芸)社製
椅子種類/分類1/分類2 ソファ/木地だしタイプ / 応接セット
加工内容 張り替え
数 量 1セット(セパレート)
生地 布地
柄/フェイス/織り プレーン / 布/平織り
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 セパレートタイプの5人掛けソファの張り替え加工費
120,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用
ご依頼条件にて異なる
布地代、ウレタン代、台輪制作費、送料(引き取り・納品代)
※加工費の他に上記の費用がかかりました
作業内容の詳細 座面ウレタンを硬めに交換
座面の高さを上げるために台輪を製作(椅子の固定の意味も含む)
Before & After
before
after
before
after

職人からのひと言|井ノ上 浩二
浜本工芸(濱本工芸)社製
ソファ張り替え

HPをご覧いただきお見積りフォームからセパレートタイプの5人掛けソファ張り替えの件で、メールにてお問い合わせいただきました。腰掛ける位置が低いので、ウレタンを厚くして、座面の高さを高くして欲しいとのご要望でしたので、実際にソファを拝見して座面ウレタンを厚くする方法で腰掛けやすい形状になるかどうか検討させていただきました。運良く座面までの高さ+座面の奥行きが800mm程度(通常870?900mm)でしたのでソファの下に50mmの高さの台輪(箱形の脚)を付けることでソファ全体の高さを高くすることを提案させていただきました。それでいて座面ウレタンは、硬くすることでしっかりとした座り心地になり、立ち座りも楽になります。セパレートタイプの5人掛けソファの張り替え加工費は120,000円。その他に、座面クッション中身ウレタン代、台輪制作費、布地代、送料がかかります。
 5人掛け肘付きソファのセパレートタイプです。当初の張り替えのメールでクッションの厚みを厚くして、低いと感じる座面の高さを上げたいとご相談をいただきました。ソファを見てみないとお問い合わせにお答えできないので、直接うかがってソファに腰掛けさせていただきました。やはり腰掛けてみないと分からないものです。腰掛けながら座面のウレタンを厚くしたときの問題点などを考えていきます。座面のウレタンを厚くすることで思い立った問題点は、腰掛けたときに腰の部分をサポートしてくれるポイントが大きくずれること、背もたれに寄りかかったときに肩胛骨にも当たらないかもしれない中途半端な高さになってしまうこと、腰掛けた位置に対して肘が低くなりすぎること、何よりも不格好になってしまうことでした。たまたま、HO邸のソファは座面の奥行きに対して座面までの高さが低かったために、足の部分に台輪を制作することで高さを増して、座り心地を良くする方法が最善の方法と思われ、その方法でお見積もりいたしました。

before
after
before
after

台輪を制作する際に、せっかくのセパレートタイプを活かして5個のソファのそれぞれに台輪を制作しました。この方法で決まりかと思われたときに、使い手であるHOさんのお父様がソファが床を滑って動くのが気になるということでしたので、台輪どうしをボルトナットで脱着できるように加工しました。連結した台輪の上にずれないように細工したソファを置き、固定するといったHO邸のための特別仕様で台輪を制作して使い勝手を良くしました。5cmの高さの台輪を作り全体で5cm高さを上げました。また、座面のクッションの中身ウレタンを硬めのウレタンに交換しましたので立ち上がる際にも以前よりも容易に感じると思います。また、腰掛けていても適度な硬さで腰が安定し、腰痛持ちの方でも長時間腰掛けることが可能かと思います。HOさんのご家族のみなさまにも大変ご好評をいただきました。

カタログNO_C341
同製品でのお見積りはコチラ
ラウンジチェア
使用した生地詳細はコチラ
フレイバ(メーカー:シンコール)
プレーン/布/平織り/ダークグレー

加工内容
椅子種類/分類1 ラウンジチェア/座、背(ラウンジチェア)
加工内容 張り替え
数 量 2本
加工費 ラウンジチェアの座面中身ウレタンの交換
その他の費用
ご依頼条件にて異なる
ウレタン代、送料(引き取り・納品代)
※加工費の他に上記の費用がかかりました
作業内容の詳細 座面中身ウレタン交換
Before & After
after
after

職人からのひと言|井ノ上 浩二
浜本工芸(濱本工芸)社製
ソファ張り替え

ソファを見にうかがったときに、ダイニングでお使いになっているアームチェアの座面ウレタンが柔らかすぎるので交換したいとご相談をいただきました。厚み80mmほどあるウレタンでしたので交換に中身ウレタン代がかかってしまいましたが、厚みがある分、思い通りのウレタンが作れると思います。今回は張り替えではなく、座面のウレタン交換のみということで同じ布地を張り直しておりますので、写真での代わり映えはないと思います。


C341 HO邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載にご快諾頂き感謝申し上げます。

前のページに戻る

実績一覧ページへ実績検索フォームへ

このページ内の専門用語を抜粋して紹介AZUMAの椅子張り用語集

ウレタンフォーム 平織り

PAGE
TOP

サービス
一覧

TOP