カタログNO_B206

ダイニングチェア張り替え
B206 TA邸 B206 TA邸 お忙しく時間がなくても宅急便を使用して張り替えられる

ご感想を頂きました

カタログNO_B206
同製品でのお見積りはコチラ
ダイニングチェア
使用した生地詳細はコチラ
ドリアージ(メーカー:シンコール)
プレーン/布/平織り/茶
きっかけ HPより 当社への連絡 見積もりフォーム
引取方法 宅急便 引取日 2001-11-19
依頼加工内容 工場での作業 お預かり期間 3日間
納品方法 宅急便 納品日 2001-11-22
納品場所 東京都港区 TA邸(個人宅)
納品住所 東京都港区
ご注文回数 初回

加工内容
椅子種類/分類1/分類2 ダイニングチェア/座面 / 縫製なし
加工内容 張り替え
数 量 4本
生地 布地
柄/フェイス/織り プレーン / 布/平織り
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 ダイニングチェア座面の張り替え加工費
1脚 5,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用
ご依頼条件にて異なる
布地代
※加工費の他に上記の費用がかかりました
作業内容の詳細 座面ウレタン交換
Before & After
before
after
after

職人からのひと言|井ノ上 浩二
ダイニングチェア張り替え

HPをご覧いただきお見積りフォームからダイニングチェア座面4脚の張り替えの件でお問い合わせいただきました。最初はお電話にてお話しさせていただき、座面が取り外せそうだということでしたので、取り外して送っていただく方法で張り替えさせていただくことになりました。加工費的にご理解いただきましたので布地サンプル帳はすぐに送らせていただき、布地をお選びいただきました。ダイニングチェア座面の張り替え加工費は1脚 5,000円。この他に布地代がかかります。中身ウレタンは交換させていただきました。
 布地サンプル帳をお送りして布地を2点まで絞られて、ダイニングチェアの座面を取り外し、宅急便で送っていただきました。2点まで絞り込まれた布地の用尺を出して、最終的なお見積もりを差し上げ、最終的に布地をお決めいただきました。TAさんのお選びになった布地は、サンプル帳の中で最高値に近い布地で、ウールの割合がほとんどを占めている、また、厚手のしっかりとした布地です。その布地を”AZUMAのイス張り職人”が張り上げて完成させました。裏面に張る底張りには”AZUMAのイス張り職人”が自信を持って仕事をさせていただいた証である”AZUMAのイス張り替え”のシールを貼らせていただきました。

before
after
after

座面の中身ウレタンを交換しました。張り替え前後の写真をご覧いただけましたらお分かりになるとおり、座面の厚みが全く違います。これは、中身ウレタンを硬めのウレタンにすることでお尻で腰掛ける力ではつぶれにくくなります。柔らかみはありませんが、硬いのは実用的であると考えています。また、硬めのつぶれにくいウレタンを使用しましたから、この厚みを維持できます。

お客様よりのご感想

東京都港区 TA邸(個人宅)
1.張り替えの仕上がりに関するご感想

新品に戻ったようで非常にいい。

2.張り替えを注文するまでの不安

 特に不安な点はなかったが、ホームページだけでは布地を決められなかった。でも、サンプル帳を送ってもらえたので助かった。

3.アラ・カワの接客態度

 いつもすぐに返信してくれて安心できた。

4.その他お気づきになられた点

 ホームページの布地サンプルに材質も記載した方がいいのでは

B206 TA邸 ダイニングチェア張り替え後の写真1
B206 TA邸 ダイニングチェア張り替え後の写真2

B206 TA邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載にご快諾頂き感謝申し上げます。

前のページに戻る

実績一覧ページへ実績検索フォームへ

このページ内の専門用語を抜粋して紹介AZUMAの椅子張り用語集

ウレタンフォーム 底張り 平織り

PAGE
TOP

サービス
一覧

TOP