• 生地の選び方
  • 電話番号:049-258-4143
  • メールアドレス:info@azuma-kako.co.jp
TEL:049-258-4143
月~土 _9:00-12:00 13:00-16:30
カタログNO_B126

パーソナルチェア張り替え
B126 MI邸 B126 MI邸 ”階段チェア? アームチェア?”をこだわって革で張り替える

カタログNO_B126
同製品でのお見積りはコチラ
パーソナルチェア
使用した生地詳細はコチラ
ニューソフト M072(メーカー:メルセン)
プレーン/本革/緑
きっかけ HPより 当社への連絡 お電話
引取方法 お引き取り 引取日 2001-08-06
依頼加工内容 工房での作業 お預かり期間 14日間
納品方法 納品 納品日 2001-08-20
納品場所 埼玉県さいたま市 MI邸()
納品住所 埼玉県さいたま市
ご注文回数 初回

加工内容
椅子種類/分類1 パーソナルチェア/1人掛け用小椅子
加工内容 張り替え
数 量 1本
生地
柄/フェイス/織り プレーン / ビニールレザー
生地調達方法 サンプル帳より購入
費用
ご依頼条件にて異なる
張り替え加工費、革代、送料(引き取り・納品代)
※部分的な加工の場合はその都度見積もりとなります。
作業内容の詳細 座面の籐を革へ張り替え、脚立の踏み面部分の張り替え
Before & After
before
after
before
after

職人からのひと言|井ノ上 浩二
パーソナルチェア張り替え

HPをご覧いただき直接お電話にて「パソコンをする時の椅子を1脚張り替えたい」というお問い合わせをいただきました。電話を取ったのは親方の井ノ上ですが、そのときのお話の中で「背を起こすと階段になるんです」とおっしゃられたそうです。「階段?」アラ・カワは初めて耳にしました。「椅子が階段になる」それは、お見積もりにうかがった時にはっきりとしました。「なるほど、こういった風に階段になるんだ」椅子を見させていただいて納得と同時に感心しました。本当にいろいろなことを考える人がいるもんですね。実は座面は籐で張ってありましたが、MIさんのご希望で革張りに張り替えさせていただくことになりました。座の表面裏面、階段の各ステップの部分を革で張り替えさせていただく張り替え加工費は10,000円。
座面 籐の破れ
 座面は籐で張られており、長期間のご使用によって、座面後方の籐が破けてきてしまいました。張り替えを期に今回は籐で張られた座面を革で張り替えかえ、さらに階段になる部分には現在ビニールレザーが貼られていますが、座面と同じ革で貼って欲しいとのことでご依頼をいただきました。
 現在張ってある籐の部分を布や革、合成皮革に張り替えるには椅子本体の木枠によって可能な場合と不可能な場合があります。MIさんの椅子の場合はたまたま可能でしたが、その工法は限られてしまいました。(ただ被せるだけの仕事であればどんな椅子でも可能です。)椅子として人が腰掛けて十分に機能するようにしなければならないからです。MIさんのアームチェアにはゴムシートを入れて打ち付けて止める木枠が十分にあったのでこの工法が可能となりました。

before
after
before
after

椅子?階段?
 大変珍しいアームチェアで背もたれを前に倒すと4段の階段になるのです。これには私もびっくりしました。普段椅子としてお使いになる場合はドアのようにきちんとロックができるのです。しかも驚くことに今ついているロックはMIさんご本人がつけられたそうです。
 階段のステップの部分も革で貼りたいというMIさんのご希望にも応えることができました。また、階段としてひっくり返した時に座面の裏側が素材が違うとおかしいのでここも革張りにしてほしいとのご要望にもお応えすることができました。座面も革張りにさせていただきましたので、MIさんご愛用の椅子としてまた長期間ご使用いただければ”AZUMAのイス張り職人”として嬉しいことですね。


B126 MI邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載にご快諾頂き感謝申し上げます。

前のページに戻る

実績一覧ページへ実績検索フォームへ

このページ内の専門用語を抜粋して紹介ReChair椅子張り用語集

合成皮革 ビニールレザー

見積