AZUMAからのお知らせ

本社工場の外壁工事を行い外観が変わりました

2017年 12月 21日

1998年のプレハブは柱がむき出しで柱がさびると
強度が一気に落ちるという話しをきいたことがあり、
外から新しい壁材を張り付ける工法で工事しました。


■工事後:工場外観(北側)


■工事後:工場外観(南側)


■工事後:工場外観(事務所入口付近)

新たに壁材を張り付けたため壁が2重になり
以前よりも以下のことが良くなりました。

・断熱効果が高く光熱費を抑えられる
・外からの騒音が聞こえにくく工場内の音が良く聞こえる
・窓枠の廻りから強風でたまに染み込んでくる雨が染み込まなくなる
・大きな車が通ったときの揺れが小さくなった
・以前よりも明るい外観となった。

建物の性能が上がりましたので
中身の椅子張り職人もより一層のレベルアップを
計って参りますので今後ともよろしくお願いします。


■工事前


有限会社 AZUMA

  • ご利用ガイド
  • 見積もりから納品までの流れ
  • お支払いについて
  • 配送方法について
  • 生地の選び方について
  • AZUMA椅子張り用語集
  • 商取引法に関しての表記
  • プライバシーポリシー
  • お知らせ