岡田

AZUMAのイス張り職人 岡田 の紹介

【イス張り職人】

椅子張り職人になったきっかけ

前職の家具メーカーにて椅子の製造に携わる中で

椅子張りと出会い、この仕事を深く追求してみたいと

強く思う様になったことがきっかけです。

大変なこと

表面的な仕上がりを求めるだけではなく、

長年の使用によって劣化した木部や中身を修復しなければならないので、

新しく作る以上に気を遣った仕事が必要なことです。

嬉しいこと

古くなった椅子を自分の腕で元の仕上げよりも

きれいに張り替えることができたとき。

また、その仕事にお客様が満足し、喜んでいただけた時に嬉しく思います。

抱負や職人としての目標

この仕事は様々なメーカーの製品の中身まで知ることができるので、

職人として非常に勉強になります。

その中で、技術を身につけ、向上させて、どんな椅子でも

安心して任せていただける様な一人前の職人を目指しています。

お客様へのメッセージ

椅子の張り替えは、新しく買い替えることと比べても

決して安価なものではありませんが、

長年の間お使いになり思い出の詰まった椅子を

大切にして頂きたいと思っています。

AZUMAにご依頼を頂ければ、

お客様の愛着がこもった椅子を新品以上にきれいに修理いたします。

是非ともご検討の程お願い致します。



井上前の職人を見る|職人一覧へ戻る|次の職人を見る太平