ダイニングチェア座面の取り外しと取り付け方法|AZUMAの椅子張り替え

 ダイニングチェアの「座面の取り外し」から、「張り替え後の座面の取り付け」まで、その際のポイントなどアラ・カワが説明差し上げますのでダイニングチェア座面の取り外しと取り付けの際の参考になさってください。

ダイニングチェア座面の取り外し方

 ダイニングチェアの座面を取り外す際は座面の底側を上向きにしてネジに対してしっかりと力をかけられる様に設置してください。ネジを回すときに力が入りやすいので、できれば腰の位置ぐらいに座面がくるように置ければベストです。背もたれが高い場合は台も高くし、背もたれのあたまが床に付かない状態での作業が好ましい。
-- ネジを回すときの注意 --
ネジのあたま(「+」や「-」など)をつぶしてしまうとネジがとれなくなるのでネジに対して垂直に力を入れて左回しに回す。
-- 肘の有無 --
【肘がない場合】
ダイニングテーブルなどを台にしてもよい
【肘がある場合】
肘の内側に入る程度の台などを用意するとよい。工場では背なしの丸椅子を使用している。


座面と本体に組み合わせの番号を付けておく

 ダイニングチェアの場合複数脚お持ちの方がほとんどだと思いますが、座面の脱着は取り外しよりも取り付けが大変なことが多いです。特に座面版と本体の固定に木ネジ(先の尖ったネジ)を使用している場合は以下の方法で、座面を取り付ける際の作業が楽になります。
 まず、ネジを取り終えたら座面と本体にそれぞれ組み合わせの番号などを振っていきます。
 弊社にて張り替え加工完了後に番号がわかるように、また、元のねじ穴の部分にも印をつけておきます。
 「1,2,3,4,…」 こうすることで作業を取り付けの際には本のネジ穴に入れて締めればよいので苦労せずに取り付けられます。 ネジが木ネジでなくネジ先と付け根が同じ太さのネジであれば座面板の方にも雌ネジが埋め込まれているためすべての椅子が同じ寸法でできていることが多く、番号を付ける必要は、あまりありませんが、万が一のために番号を付けておくことをオススメしたいです
-- 組み合わせの番号をつける --
ダイニングチェアと本体にそれぞれ組み合わせの番号を付けておくと取り付けの時に苦労を最小限にできる。 「1,2,3,4,…」


座面の梱包とご発送

ダイニングチェア座面用段ボールと宅急便パック  取り外した座面は段ボールに入れるか、座面を縛った後に紙袋やビニールに入れ、バサバサしないようにテープで止め、宅急便の発送伝票を貼り付けてご発送ください。
 ご発送後でもかまいませんのでご一報くださいますようお願いいたします。
工場までの発送の際に便利な
ダイニングチェア座面発送用段ボールと宅急便パック
のサービスの提供を開始しましたのでご希望の方はご利用ください。
格安で段ボールと往路分の送料をパックにしました!!


AZUMAにて張り替え作業中……………>作業完了と座面到着

張り替え作業期間として約1週間お待ちください。
きれいに仕上がってきた座面他到着したら今度は取り付け作業をなりますのでそれまでにできることを進めておきましょう。

-- ダイニングチェア本体のお掃除 --
その間にダイニングチェアの本体を掃除することをお勧めします。
特に座面が付いていることで掃除できなかった部分のホコリや汚れを落として水拭きぞうきんで吹き上げると気持ちが良いです。
ぬるま湯に中性洗剤を適量入れ、雑巾で拭き取ると汚れが良く落ちます。
その後に水拭きで洗剤を拭き取り、乾拭きで水分を拭き取ります。
-- ダイニングチェア清掃時の注意 --
・手垢のひどい部分は塗装面までとれてしまうことがあるので気をつけてください
・オイル仕上げなど染み込ます塗料の場合は洗剤や水拭きの清掃は行わないでください


張り替え完了後の座面の取り付け方

 取り付けは取り外し作業の反対ですが、木ネジで止めている場合は取り外しよりも力がいる場合が多いです。安定した状態で垂直にネジを回していってください。
-- 同じ穴に入れる --
 木ネジで新たに固定していく場合は手回しのドライバーでは非常に大変です。そのため座面と本体に組み合わせをつけたことで、同じ穴に木ネジを入れるようにしてください。そうであれば手回しのドライバーでも容易にねじ込んでいくことが可能です。



  • D/Cお得に張り替え
  • ダイニングチェア座面専用お得に張り替え
  • 引き取りと納品方法について
  • ダイニングチェアお見積もりフォームへ
  • ダイニングチェア座面発送用段ボールと宅急便パック
  • ダイニングチェア座面の取り外しと取り付け方法