STEP1座面の取り外しのポイントはがし次の作業へ|座面からウレタンや生地をはがすポイント

 職人の仕事では技能面の他に常に先の工程を考えて作業を進める効率的な手順も重要な要素です。その手順についてミシンを使わない、ダイニングチェア座面の張り替え手順やポイントについてアラ・カワが詳しくお伝えいたします。 皆様のダイニングチェアの張り替えにお役立てください。

座面を取り外す。

 ダイニングチェアの座面を取り外す際は座面の底側を上向きにしてネジに対してしっかりと力をかけられる様に設置してください。ネジを回すときに力が入りやすいので、できれば腰の位置ぐらいに座面がくるように置ければベストです。背もたれが高い場合は台も高くし、背もたれのあたまが床に付かない状態での作業が好ましい。
-- ネジを回すときの注意 --
ネジのあたま(「+」や「−」など)をつぶしてしまうとネジがとれなくなるのでネジに対して垂直に力を入れて左回しに回す。
-- 肘の有無 --
【肘がない場合】
ダイニングテーブルなどを台にしてもよい
【肘がある場合】
肘の内側に入る程度の台などを用意するとよい。工場では背なしの丸椅子を使用している。


座面と本体に組み合わせの番号を付ける

 ダイニングチェアの場合複数脚お持ちの方がほとんどだと思いますが、座面の脱着は取り外しよりも取り付けが大変なことが多いです。特に座面版と本体の固定に木ネジ(先の尖ったネジ)を使用している場合は以下の方法で、座面を取り付ける際の作業が楽になります。
 まず、ネジを取り終えたら座面と本体にそれぞれ組み合わせの番号などを振っていきます。
 「1,2,3,4,…」 こうすることで作業を取り付けの際には本のネジ穴に入れて締めればよいので苦労せずに取り付けられます。 ネジが木ネジでなくネジ先と付け根が同じ太さのネジであれば座面板の方にも雌ネジが埋め込まれているためすべての椅子が同じ寸法でできていることが多く、番号を付ける必要は、あまりありませんが、万が一のために番号を付けておくことをオススメしたいです
-- 肘の有無 --
ダイニングチェアと本体にそれぞれ組み合わせの番号を付けておくと取り付けの時に苦労を最小限にできる。 「1,2,3,4,…」

STEP1座面の取り外しのポイントはがし次の作業へ|座面からウレタンや生地をはがすポイント