材料販売実績 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_T19512
納品場所|愛知県名古屋市名東区 M邸(個人宅)
ご注文日|2017-04-27
発送日|2017-04-27
ご注文から発送までの日数|当日
お客様のご注文回数|初回

  2mご購入 / 品番:A1517(工場在庫生地)
内容
布/人工スエード/プレーン/茶
巾 1400mmm
商品説明
工場在庫の張り地(革以外)を1500円/mにて提供しております。
単価:1500円 /ご購入単位:m /在庫数量:0.7 m
  4枚ご購入 / ダイニングチェア座面仕上げ用ウレタン 1cm
内容
・仕上げ用ウレタン 60x60x1cm
商品説明
通常、私達職人が使用する特注品用の材料ですが、「自分で張り替えをやってみたい」とおっしゃる方に材料を提供させていただきます。是非、がんばってみてください。仕上げウレタンは黄色と白のウレタンがありメーカー違いの同等品として提供しています。
単価:500円 /ご購入単位:枚
  4枚ご購入 / ダイニングチェア座面用チップウレタン 3cm
内容
・チップウレタン 50x50x3cm
商品説明
通常、私達職人が使用する特注品用の材料ですが、「自分で張り替えをやってみたい」とおっしゃる方に材料を提供させていただきます。是非、がんばってみてください。
単価:750円 /ご購入単位:枚
  1セットご購入 / ガンタッカー + ステープル1箱
内容
・スウェーデン Rapid社製 (イス張り使用可能)
DIY繰り返し使えるセミプロ仕様
*ミニタッカーとは違い木に打ち込めます
・ステープル 肩巾10mm 足長7mm
・2500本入(ダイニングチェア座面10?20本程度)
・使用後 2000円で下取り制度あり
商品説明
ホームセンターなどで売られている「ミニタッカー」では座面板に打ち込んだときに木の堅さにステープルの足が曲がってしまいうまく入らない経験があります。そこでAZUMAのイス張り職人が現場にも持って行っているRapid社製ガンタッカーも合わせて販売いたします。DIY張り替えの必需品のガンタッカーに4脚張り替えるには十分のステープル1箱をセットにして提供いたします。
参照
1箱で2500本入っており私アラ・カワであれば1本に対して100本使わないくらいです。私はそれほどあまり細かい間隔で打ちませんので個人差はありますが1箱でダイニングチェアの座面10〜20本程度といったところだと思います。
単価:4980円 /ご購入単位:セット
  1.5mご購入 / 底張り用布地
内容
・有効幅1400mm
商品説明
私達イス張り職人が使用している底張り用の生地は1本あたり約50cmx50cmあれば足りることが多いです。多くの場合は不織布などが座面の型に予め切ってあるものが使用されていますが、特注の場合は様々な形状に対応できるように底張り用に生地を内側に折り込んで使用します。
単価:700円 /ご購入単位:m
  12mご購入 / ウェービングテープ
内容
・幅:50mm
・座面板がくり抜かれているときの弾力材
商品説明
ウェービングテープは主に腰掛けたときの弾力を出すために用います。ダイニングチェアの座面では座面板の真ん中がくり抜かれている場合に縦と横方向に一般的な大きさの座面でそれぞれ3本程度使うことがあります。適当に引っ張ってステープルで止めます。
 作業方法についてはウェービングテープの張り方の説明ページをご覧ください。
 取り扱いメーカーによって写真と色などが異なるものもございますが同等商品ですので予めご了承ください。
単価:600円 /ご購入単位:m

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

Do It Yourself でがんばった作品です。お疲れ様です!!

後の写真 の張り替え加工


このページの先頭へ

お客様から頂いたご感想

1.当社工場材料に関するご感想

 まったく問題ありませんでした。張り地の人工スエードも工場在庫という事で安くして頂き、特にガンタッカーは安価品を買わずに良かったですし、大変助かりました。

2.注文するまでの不安

 御社HPのDIYのコーナーを熟読した上での発注でしたので、まったく不安はありませんでした。

3.担当者の接客態度

 Webでの発注の後にお電話致しましたが、親切に教えて頂き、安心できました。

4.その他、お気づきになった点

 簡単ではありませんでしたが、満足いく出来栄えで、家族も喜んでいました。

まずは、最初に古い布地やクッション、古いウェービングテープのステープルを取り外すのが大変でした。

その次に新しくウェービングテープを張ったのですが、最初はクロスに各3本、50mm引っ張りましたが、柔らかすぎたので、2脚目からは本数を増やして60mm引っ張りました。その結果「パン」として良くなりました。
フレームの強度によると思いますが、我が家のは結構しっかりしてたので途中で変更しました。
1脚目も後で張り直しました。

クッションは座面の形が正方形ではなかったので、段ボールで型を取り、マジックで書いてカッターナイフで切りました。
マジックの線通りには上手く切れませんでしたが、張り地でくるんでしまうので多少の大きさの違いは問題ありませんでした。

張り地の人工スエードは私の計算間違いで生地の幅方向が少し足りませんでしたが、 長さ方向が余ったので、その部分を切り取り、ミシンで縫って延長した結果大丈夫でした。
さっそく「愛猫」が爪を研いでましたが、さすが人工スエード、全然大丈夫でした。
コーナーの仕舞が今ひとつですが、まあ良しとしました。

先にも書きましたが、ガンタッカーは当初安価品を検討していましたが、結果的に椅子4脚でステープルは1箱の約半分を使いました。これがもし安価品だったら上手くいかなかったと思います。

あと、自分でやってみてから分かることが多いので、まずは1脚のみをある程度やってみて、コツをつかんでから、残りに取り掛かる方が良いと思います。

買ってから17-18年使用している椅子で、犬が脚をかじったり、猫たちが爪を研いだりしてかなり傷だらけですが、子供たちも小さなころから座っていて、いろいろ思い出が詰まっています。

今回修理して、また10年は使えそうなので、今回張り替えて本当に良かったと思っています。


このページの先頭へ

T19512 M邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

-- このページ内の椅子張り替え専門用語の抜粋 --
このページ内の本文に使用されているAZUMA椅子張り専門用語を紹介します。
ウェービングテープウレタンフォームガンタッカー人工スエードステープル底張り

AZUMAの椅子張り替え 用語集収録語)