加工実績カタログ 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_H2221
ご実家で使っていた鼓バネ式のソファを塗り替えと張り替えで新品同様(以上)にリフォーム
納品場所|東京都世田谷区 NE邸(個人宅)
引取日|2006-05-15
納品日|2006-06-08
お預かり期間|24日間
お客様のご注文回数|2
お客様のリピート実績を見る

HPより 見積もりフォーム お持ち込み 工場での作業 工場渡し
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  •  

イス種類/分類1/分類2 ソファ/スタンダードタイプ / 3人掛け肘なしソファ
加工内容 張り替え / ウレタン交換 / 塗り替え
数 量 1本
生地 布地
柄/フェイス/織り プレーン / 布/平織り
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 3人掛け肘なしソファ張り替え加工費
1本 60000円(税別)
その他の費用 布地代、ウレタン代、塗り替え代
作業内容の詳細 ・連結バネ調整
・肘と脚部分の塗り替え
・座、背ウレタン交換

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

ソファ/スタンダードタイプ / 3人掛け肘なしソファ

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

ホームページをご覧いただき、ソファの張り替えと塗り替えの件でホームページよりお問い合わせいただきました。その後、E-Mailにてお見積もりし、しばらくご検討いただきました。張り替えをご決断いただき、実査器のソファを車に乗せて工場までお持ち込みいただいたことで、中身のウレタンのこと、鼓バネのこと、肘のぐらつきのこと、座り心地のこと、NEさんのご要望をうかがいながら私の考えも述べさせていただきました。


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

座面と背もたれの構造として鼓バネ(上下につぶれるコイルスプリング)が使用されておりましたが、座面は鼓バネをあらかじめ鋼で連結している「連結式の鼓バネ」が使われていました。背もたれ部分には個々の鼓バネが使用されている「単式の鼓バネ」が使われていました。「単式の鼓バネ」の場合は木枠の中に人の体重を支えられるようにバネつり加工を施して加工していくため非常に手間がかかりますが、幸いにも座面部分には「連結式の鼓バネ」が使われており、バネの吊り直し加工費はかからずに加工に当たることができました。連結バネは多少の変形が出ていたのですべて調整して再利用させていただきました。


後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

今回はNEさんより塗り替えのご要望をいただきましたので木部である脚と肘をやや焼けた感じのチェリー色に塗り替えさせていただきました。今回のケースは濃い色から薄い色への塗り替えだったため、すべてのケースで可能ではありませんが、NE邸のソファの肘は凹凸が少なかったため、塗料を剥離し、生地の状態にまでしてから塗り替えの作業を進めることができました。NEさんにはこの塗り替えに関しても大変ご満足をいただきました。ありがとうございます。


このページの先頭へ

HPより 見積もりフォーム お持ち込み 工場での作業 工場渡し
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  •  

イス種類/分類1/分類2 ソファ/スタンダードタイプ / 1人掛け肘なしソファ
加工内容 張り替え / ウレタン交換 / 塗り替え
数 量 2本
生地 布地
柄/フェイス/織り プレーン / 布/平織り
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 1人掛け肘なしソファ張り替え加工費
1本 20000円(税別)
その他の費用 布地代、ウレタン代、塗り替え代
作業内容の詳細 ・連結バネ調整
・肘と脚部分の塗り替え
・座、背ウレタン交換

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

ソファ/スタンダードタイプ / 1人掛け肘なしソファ

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

座面の連結バネを調整し取り付け、その上に1枚、麻の布地を張っていきます。こうすることによって座を枠の状態から、面として人の体重を支えられる構造にします。その後、以前はわらを使って土手差しという工程を経て、わらや綿などを使用し座面のあんことしておりましたが、硬めのウレタンフォームであるチップウレタンと仕上げ用のウレタンを2層にして用い下ごしらえをします。鼓バネの弾力のある沈み込みがあるためチップウレタンを用いることで硬めのしっかりとした座面に作り上げました。


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

縫製方法はNEさんとの打ち合わせ通り、オリジナルのイメージを忠実に型をとって縫製していきました。張り替え前後のイメージとしては生地と肘の色合いがちょうど入れ替わった様に仕上がり、まったく違ったソファとしてリニューアルされましたが、張り替え前のソファと遠いようで近い感じに仕上がりました。今まで、側に当たり前にあったソファが張り替えと塗り替えを加工させていただくことで、より身近な存在となって今後ともご愛用いただけるように思います。新品でソファをご購入になることの良さもありますが、今までお使いになってきたソファを張り替えることで得る満足感もよいものです。工場でのお渡しとなり、ご満足いただくことができましたので、きっとNEさんも今まで以上にソファを身近に感じ、これからもご愛用いただけることでしょう。


このページの先頭へ

お客様から頂いたご感想

1.張り替えの仕上がりに関するご感想

 一見すると新品のソファー、持ち込んだ時の状態を忘れさせてくれるほどに生まれ変わり、心から満足できるものに仕上げてもらいました。

引き取り時にアラカワさんに「何十年後かにまたこのソファーに合いたいです」と言われましたが、本当にこれから更に何十年も使い続けていける出来栄えに感激しました。

2.張り替えを注文するまでの不安

 愛着はあったが見た目はまさにボロ、ソファー全体ににがたつきがあり、バネの張りも無く、このようなものをはたして持ち込んでよいものか、もしかして断られるかもしれないとのメンタルな不安がまず第一にありました。

そして価格、私の場合は生地の張替えだけでは済まないことは分かっていましたが自分ではどこまで既存のもの(ウレタン、バネ等)が使えるのか見当も付かずどこにどれくらいの費用がかかるのか不安でした。

3.アラ・カワの接客態度

 2での不安はどこ吹く風、持ち込んだソファーを見るなりプロの目で椅子の状態、問題点等を把握しこちらの不安点、要望等に的確に、かつ丁寧にアドバイスをしていただき、「ここなら大事なものを預けても大丈夫」、「絶対良い仕事をしてもらえる」そんな安心感を与えてくれました。

依頼後も迅速な対応、仕上がり後のメールへの写真の添付等細かな心使いも安心材料の一つでした。

4.その他、お気づきになられた点

 気に入った生地のサンプルを何種類か自宅に送っていただき色の具合を自宅でじっくり考えイメージし決めることが出来たことは非常に助かりました。

木部の塗装は別に塗装の職人さんに依頼されるということで、プロはプロに任せるという職人気質に感心し安心し満足しました。


このページの先頭へ

H2221 NE邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

  • 椅子の張替え加工実績カタログ
  • 加工実績カタログの中からお手持ちの椅子に近い形状の張り替え加工実績を検索
  • WEB受注実績をカタログとして紹介していますがその活用方法
  • 張り替え時期になっても愛され続けるソファやダイニングチェア等を常連イスとして紹介
  • 椅子の種類別に椅子張り替え実績から絞り込む
  • イス張り替え加工を中心に加工内容別に分類した実績カタログ
  • 製造メーカー別の椅子張り替え実績カタログ
  • 都道府県別実績カタログ
  • お客様からのご感想
  • 実績カタログの検索フォーム