加工実績カタログ 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_D807
D807 SH邸 長年ご愛用になった思い入れのあるダイニングチェアを張り替える
納品場所|神奈川県大和市 SH邸(個人宅)
引取日|2003-11-15
納品日|2003-11-22
お預かり期間|7日間
お客様のご注文回数|初回

HPより 見積もりフォーム お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

製造メーカー(ショップ・デザイナー) SHIRAKAWA
イス種類/分類1/分類2 ダイニングチェア/背付き / 背全体張り
加工内容 張り替え
数 量 6本
生地 合成皮革
柄/フェイス/織り プレーン / ソフトレザー
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 背付きダイニングチェアの張り替え加工費
1脚 12,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用 合成皮革代、送料(引き取り・納品代)
作業内容の詳細 中身ウレタン交換

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

SHIRAKAWA社製 / ダイニングチェア/背付き / 背全体張り

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

HPをご覧いただき、「SHIRAKAWA」社製背付きダイニングチェア張り替えの件で「見積もりフォーム」からお問い合わせいただきました。お電話にて折り返し連絡差し上げ、加工費+材料費+送料とそれぞれお見積もりし、最終的に張り地(材料)によって材料費が変化し、加工費、送料に関しては、そのままの金額で加工させていただく旨をお伝えしました。張り替えを前向きにご検討いただけるということでしたので、合成皮革の掲載されたビニールレザーサンプル帳を宅急便でお送りして、張り地をお決めいただきました


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

。「SHIRAKAWA」社製のダイニングチェアは木枠の作りがしっかりとしており、張り替え時期になってもぐらついたりしているダイニングチェアを見ることは非常に希なことです。それほど、制作時に良い材料で手間を掛けて製作されていると、アラ・カワ個人的に考えております。同じ形状で「背もたれが籐で張ってあるタイプ」は数回張り替えさせていただいたことがありますが、背もたれが共張りの張り地で張ってあるタイプはSH邸のダイニングチェアが初めてでした。とは言っても、今まで何千、何万ものイスを手がけてきているAZUMAのイス張り職人にとっては、その違いは何の弊害にはなりません。確実に的確に張り替え作業を進めて張り替えは完了いたしました。


このページの先頭へ

HPより 見積もりフォーム お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

製造メーカー(ショップ・デザイナー) SHIRAKAWA
イス種類/分類1/分類2 ダイニングチェア/背付き / 背全体張り
加工内容 張り替え
数 量 6本
生地 合成皮革
柄/フェイス/織り プレーン / ソフトレザー
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 背付きダイニングチェアの張り替え加工費
1脚 12,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用 合成皮革代、送料(引き取り・納品代)
作業内容の詳細 中身ウレタン交換

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

SHIRAKAWA社製 / ダイニングチェア/背付き / 背全体張り

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

張り地は革から合成皮革へ変更しての張り替えとなりました。合成皮革のメリットは適度な硬さと張り、そしてメンテナンスの利便性が挙げられると思います。ダイニングチェアの機能を考えたとき、硬めでしっかりとした座り心地の方が、「食事を採る」というダイニングチェアの大前提の役割を十分に果たすということが言えると思います。その為に、「AZUMAのイス張り替え」では硬めのウレタンを芯に用いて、適度な硬さと弾力を座面に与えて下拵えをしています。その座面に合成皮革を用いることで、しっかりとした座面に仕上がります。次に、合成皮革は革よりも水分に強いと言うことです。そのため、汚れを水ぶきの布巾等で拭き掃除しても、その後にから拭きすればきれいに使っていただくことができます。上記のことからアラ・カワ個人的には比較的合成皮革をお勧めすることが多いかもしれません。しかしながら、他の張り地をお決めいただくのは持ち主であるお客様ですので、それぞれの張り地について、アラ・カワの知識内で説明させていただいております。


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

張り替え加工については、座面は横マチ付きの縫製ありタイプでした。中身ウレタンを交換しての張り替えとなりましたが、今回は、座面の中身ウレタンを2層にして下拵えをしました。指で押すと凹みますが、お尻で腰掛けるとほとんど凹まない硬めのウレタンの上に、柔らかく弾力のあるウレタンを巻いています。下拵えをした座面から合成皮革の型を出して縫製していき、座面に張り込んで座面を完成させます。背もたれは木枠の表面に6mm程度の溝が掘られていて、その溝に背裏、背表等の張り地などを張り込んでいき、最終的にパイピングを利用して溝を埋めて仕上げます。溝は仕上げ用に空けてあるようなものです。この溝で仕上げる工法は現在使用しているステープルとガンタッカーが道具の主流として定着してきた際にメジャーになった工法のひとつです。釘では溝に打つことで、溝が埋まってしまい次々に打っていけないため、最終的に仕上げることができないためです。このようにして張り上げて、仕上げ弊社で納品させていただきました。


このページの先頭へ

お客様から頂いたご感想

1.張り替えの仕上がりに関するご感想

 クッションもだいぶへたっていたせいでしょうか、戻ってきたときは高いような気がしましたが、新品のときはこんな感じだったのでしょう。購入時に、食事だけでなくくつろぎも求めて、テーブル・椅子共に5cmほど低くしてもらったもので、「長時間座っていても疲れにくい」という荒川さんの言葉を実感しています。座面がしっかりとしていて、座り心地がとても良いです。
本革から合成皮革に変えたことで、色ツヤや手触りなどは違いますが違和感もなく、もうすっかり馴染んでいます。また大切に使いたいと思います。

2.張り替えを注文するまでの不安

 ここ数年、張り替えたいと思いながら、製造元や家具屋に問い合わせては棚上げしてきましたが、HPでの実績の数々に安心してお願いできました。また、従来の本革にするか合成皮革にするかで、ずいぶんと悩みましたが3年半前にこちらに引っ越してきてからダイニングキッチンに設置しておりやはり汚れにくく手入れが楽にできることを重視して、合皮にしました。送っていただいたカタログには、的確な箇所に付箋が貼ってありたくさんある見本に悩むことなく、手触りなどを確認してすぐに決められまし
た。

3.アラ・カワの接客態度

 直接お目にかかれなくて残念でしたが、HP上の写真と電話の声でこの仕事に自信を持っておられる方だと思いました。インターネット上の取引は、一抹の不安もつきまとうものですから誠意ある対応が決め手になります。これからも、東加工所の顔として頑張ってください。


このページの先頭へ

D807 SH邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

  • 椅子の張替え加工実績カタログ
  • 加工実績カタログの中からお手持ちの椅子に近い形状の張り替え加工実績を検索
  • WEB受注実績をカタログとして紹介していますがその活用方法
  • 張り替え時期になっても愛され続けるソファやダイニングチェア等を常連イスとして紹介
  • 椅子の種類別に椅子張り替え実績から絞り込む
  • イス張り替え加工を中心に加工内容別に分類した実績カタログ
  • 製造メーカー別の椅子張り替え実績カタログ
  • 都道府県別実績カタログ
  • お客様からのご感想
  • 実績カタログの検索フォーム