加工実績カタログ 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_C446
C446 YA邸 ピアノ椅子をダイニングチェアと同じ布地で張替える
納品場所|千葉県佐倉市 YA邸(個人宅)
引取日|2002-09-26
納品日|2002-10-10
お預かり期間|14日間
お客様のご注文回数|2
お客様のリピート実績を見る

リピーター 現場にてご相談 お引き取り 工場での作業 宅急便
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

イス種類/分類1 スツール/ピアノ椅子
加工内容 張り替え
数 量 1本
生地 布地
柄/フェイス/織り 花柄 / 布/モケット
生地調達方法 在庫張り地使用
加工費 ピアノ椅子の張り替え加工費
6,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用 送料(宅急便代)
作業内容の詳細 大柄を生かすためにマチを取らず1枚で張り上げました。

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

スツール/ピアノ椅子

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

「C436 YA邸」でお世話になったYAさんのピアノ椅子の張り替えを「C436 YA邸」のダイニングチェアの納品時にご依頼いただきました。ピアノ椅子といってもアラ・カワの頭に浮かぶだけで3種類ほどあります。1人掛けの丸椅子(背なし)、1人掛けの小椅子(背あり)、2人掛けの背なし。YA邸のピアノ椅子は「1人掛けの丸椅子(背なし)」のタイプでしたので、座面部分のみ取り外して持ち帰り、張り替え完了後、宅急便で送らせていただく方法で進めさせていただくことになりました。布地はダイニングチェアに用いた布地と同じもので張り替えさせていただくことになりました。ひとつだけ、ピアノ椅子に付いているフレンジ(ふさふさした紐のようなもの)だけが少数では手に入れることができず、1巻きで購入すると高額になってしまうため、再利用させていただくことになりました。ピアノ椅子の張り替え加工費は6,000円。この他に、出荷する際の送料がかかります。
 YA邸のピアノ椅子を張り替えさせていただきました。30年ほどお使いになったピアノ椅子だそうで、さすがに中身ウレタンはぺったんこ。座板にウレタンがへばりついて接がすのにも手間がかかりました。今回の張り替えを機に中身ウレタンを交換し新品当時の状態になるように下ごしらえをしました。材料の方もここ30年の間に随分と改良されましたので、より良い座り心地にしようと、硬めのチップウレタンと柔らかくて弾力のあるウレタンを組み合わせました。布地は「C436 YA邸」のダイニングチェアと同じ布地を使用して張り替えさせていただきました。ひとつだけ手を出せないところがあったのですが、それは、フレンジ(座面のしたのふさふさ)を交換するにはフレンジを巻きで購入することしかできないため、フレンジ代が高くついてしまうことです。東加工所で頻繁にフレンジを使用するわけではないので、このような対応になってしまいました。YAさんがフレンジはいじらなくても良いとおっしゃってくださったので、今回張り替えさせていただけることができました。ただし、フレンジを止めている飾り鋲は近似色の鋲がありましたので、交換させていただきました。


工場在庫張り地を下の画像よりお選び頂きました。

NO.225の15cm X 15cm の見え方
NO.225の5cm X 5cm の見え方

*工場在庫張り地を1,500円/mにて提供しております。条件として張り地は画面上でのみご覧いただくこととなりますが工場にお越しいただけましたら実際の張り地をご覧いただくことが可能です。また、数量に限りがありますのでご注意ください。工場在庫張り地は「工場在庫サンプル帳」を参照。

このページの先頭へ

C446 YA邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

  • 椅子の張替え加工実績カタログ
  • 加工実績カタログの中からお手持ちの椅子に近い形状の張り替え加工実績を検索
  • WEB受注実績をカタログとして紹介していますがその活用方法
  • 張り替え時期になっても愛され続けるソファやダイニングチェア等を常連イスとして紹介
  • 椅子の種類別に椅子張り替え実績から絞り込む
  • イス張り替え加工を中心に加工内容別に分類した実績カタログ
  • 製造メーカー別の椅子張り替え実績カタログ
  • 都道府県別実績カタログ
  • お客様からのご感想
  • 実績カタログの検索フォーム