加工実績カタログ 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_C370
C370 MU邸 「アルフレックス社製Aソファを布地で張り替える
納品場所|東京都世田谷区 MU邸(個人宅)
引取日|2002-07-11
納品日|2002-07-25
お預かり期間|14日間
お客様のご注文回数|初回

HPより お電話 お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

製造メーカー(ショップ・デザイナー) arflex(アルフレックス)
イス種類/分類1/分類2 ソファ/スタンダードタイプ / 3人掛け肘付きソファ
加工内容 張り替え
数 量 1本
生地 布地
柄/フェイス/織り プレーン / 布/人工スエード
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 3人掛け肘付きソファのクッション部分の張り替え加工費
45,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用 布地代、送料(引き取り・納品代)
作業内容の詳細 クッションのみお預かりして張り替え

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

arflex(アルフレックス)社製 / ソファ/スタンダードタイプ / 3人掛け肘付きソファ

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

HPをご覧いただきお見積りフォームから「アルフレックス」社製の「Aソファ」の張り替えの件で直接お電話をいただきました。いただいたお電話で、大まかなお見積もりをしたのち、正確なお見積もり日時を決めさせていただきました。布地サンプルを持ってうかがわせていただくと、クッション部分の張り替えということで一からお見積もりさせていただきました。肘付きの3人掛けで本体が2つに分かれているのでクッションの数としては座面、背もたれ、肘がそれぞれ2個ずつで計6個のクッションの張り替えということになります。背もたれと肘クッションの中身は羽毛でしたので、できる限り復元させていただきます。座面に関しては、ウレタンの交換はせずにウレタンを補充し、表面の綿を交換させていただくことで下ごしらえさせていただきます。3人掛け肘付きソファのクッション部分の張り替え加工費は45,000円。この他に、綿代、布地代、引取・納品代がかかります。
 「アルフレックス」社製のAソファというソファのクッション部分張り替えのご依頼をいただきました。本体は無地のグレーの布地(エクセーヌ調)でした。背もたれと肘のクッション中身は羽毛でしたので、張り替え加工中の天気の良い日を選んで、天日干ししながら、羽毛を中袋ごと軽くたたき、中袋の中でつぶれてしまった羽毛に空気を入れてあげることで、新品当時の状態近くに戻すことが出来ました。MU邸のソファに対して羽毛の補充は行いませんでしたが、羽毛の補充ということも可能です。その場合、別途加工費がかかりますが、羽毛クッションはまったく違ったものになります。


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

座面クッションの中身ウレタンは交換はせず、部分的に補充することでまったく違った座り心地になったと考えております。また、ウレタンには綿が巻かれていましたが、その綿がすでにつぶれてシワの原因になっていました。ですから、ウレタンは交換せずに補充したウレタンの上に新しい綿を入れてクッションにボリュームと柔らかさを出しました。布地はご家庭でも選択可能な布地をお選びになり、その布地で張り替えさせていただきました。納品当日、白っぽいクッションをソファに乗せ、ご覧いただけたときに見た目の美しさが際だちました。お喜びいただけたようです。


このページの先頭へ

C370 MU邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

  • 椅子の張替え加工実績カタログ
  • 加工実績カタログの中からお手持ちの椅子に近い形状の張り替え加工実績を検索
  • WEB受注実績をカタログとして紹介していますがその活用方法
  • 張り替え時期になっても愛され続けるソファやダイニングチェア等を常連イスとして紹介
  • 椅子の種類別に椅子張り替え実績から絞り込む
  • イス張り替え加工を中心に加工内容別に分類した実績カタログ
  • 製造メーカー別の椅子張り替え実績カタログ
  • 都道府県別実績カタログ
  • お客様からのご感想
  • 実績カタログの検索フォーム