加工実績カタログ 詳細ページ前のページへ戻る

カタログNO カタログNO_C230
C230 IT邸 「アルフレックス」社製 Aソファのクッションを張り替える
納品場所|埼玉県さいたま市 IT邸(個人宅)
引取日|2002-01-07
納品日|2002-01-21
お預かり期間|14日間
お客様のご注文回数|初回

HPより 見積もりフォーム お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

製造メーカー(ショップ・デザイナー) arflex(アルフレックス)
イス種類/分類1/分類2 ソファ/スタンダードタイプ / 3人掛け肘付きソファ
加工内容 部分張り替え
数 量 1セット(セパレート)
生地 布地
柄/フェイス/織り 花柄 / 布/ジャガード
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 3人掛け肘付きソファのクッション張り替え加工
64,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用 布地代、ウレタン代、送料(引き取り・納品代)
作業内容の詳細 座面・背もたれ・肘クッションの中身ウレタン交換

HPより 見積もりフォーム お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  • 同タイプの加工例を見る
  •  

製造メーカー(ショップ・デザイナー) arflex(アルフレックス)
イス種類/分類1/分類2 ソファ/スタンダードタイプ / 1人掛け肘付きソファ
加工内容 部分張り替え
数 量 1本
生地 布地
柄/フェイス/織り 花柄 / 布/ジャガード
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 1人掛け肘付きソファのクッション部分張り替え加工費
32,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用 布地代、ウレタン代、送料(引き取り・納品代)
作業内容の詳細 座面・背もたれ・肘クッションの中身ウレタン交換

HPより 見積もりフォーム お引き取り 工場での作業 納品
  • 加工前
  •  
  • 加工後
  •  
  •  

製造メーカー(ショップ・デザイナー) arflex(アルフレックス)
イス種類/分類1 スツール/オットマン
加工内容 部分張り替え
数 量 1本
生地 布地
柄/フェイス/織り 花柄 / 布/ジャガード
生地調達方法 サンプル帳より購入
加工費 オットマンのクッション張り替え加工費
12,000円(税抜)*総額表示義務付施行前
その他の費用 布地代、送料(引き取り・納品代)
作業内容の詳細 ウレタン補充
縫い込みのクッションをマジックテープ脱着式へリフォーム

イスの加工前加工後でこんなに良くなりました。

arflex(アルフレックス)社製 / スツール/オットマン

前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

HPをご覧いただきお見積りフォームから「アルフレックス」社製のAソファというソファの張り替えの件でお問い合わせいただきました。お電話でのお話からクッション部分の張り替えと中身ウレタンを交換したいということを知り、後日、布地のサンプル帳を持ってうかがいました。サンプル帳を見ながら数点に候補を絞って、B5サイズのサンプルを取り寄せて、その中からお選びいただきました。1人掛けと3人掛け肘付きソフクッションの張り替え加工費は71,000円。この他に中身ウレタン代と布地代、送料がかかります。
 2002の年最初のお引き取りがITさんのソファでした。「アルフレックス」社製のAソファのクッション部分のみの張り替えと中身ウレタン等の交換が今回の張り替えのご依頼でした。年末に布地サンプル帳をご覧いただき、いくつか布地候補を決めていただき、年が明けてからお引き取りにうかがわせていただきました。最初にうかがったときからITさんがおっしゃっていたのですが、座面のクッションカバーは一番力がかかってしまう部分ですので、擦り切れてしまっていました。何度か擦り切れたことがあって、ルーズクッションの共布をつぶして穴かがりをしてもらった経験もあるそうです。今回は、非常にしっかりとした椅子生地を使用しましたので、布地に関しては以前よりも長持ちすると考えています。


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

オリジナルの背もたれと肘のクッションの中身はウレタンではなく羽毛でした。新品当初は、羽毛の柔らかさが気に入っていたそうですが、長年ご使用の内に羽毛がつぶれて膨らみがなくなってきたようです。そのために、クッションは高さをを維持できずに、つぶれているように見えたそうです。ITさんのご要望は、背もたれと肘のクッションをしっかりと作ってもらいたいということでした。その後要望にお琴絵するためにアラ・カワが考えたことは、ウレタンの粉砕を中袋に詰めて、クッションの中材とすることでした。ウレタンフォームの方が弾力があるため、長期間に渡ってこの状態を保つことができます。座面に関しては、オリジナルのものよりも少し硬くさせていただきました。もともと「アルフレックス」さんのウレタンは非常に考えられてつくられているウレタンでしたが、ITさんのご要望をお聞きしながら、ITさんに合ったウレタンのつくりをさせていただきました。


前の写真 の張り替え加工
前の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工
後の写真 の張り替え加工

スツールは本体とクッション部分が内側で縫い込んであるタイプのスツールでした。クッションの中身ウレタンがへたってくるとカバーの中でウレタンがずれてしまって本体からずり落ちるような形になってしっまていたので、アラ・カワの考えた結果、本体とクッションを分けて、マジックテープ式で脱着できるようにしてしまおうと提案させていただきました。こうすれば、クッションがへたった場合(今回のウレタンは簡単にはへたりませんが)も、クッションだけウレタンを交換することも可能ですし、何よりもカバーの中がウレタンにぴったりとつくってあるので、マジックテープでカバーと本体を付けることでも、ウレタンが動いてしまう遊びがないので、常にクッションが本来あるべきところにある状態になっています。座り心地も全く違ったスツールに仕上がり、ITさんにもお喜びいただきました。


このページの先頭へ

C230 IT邸の皆さま大変お世話になりました。
ホームページ掲載をご快諾頂きありがとうございました。

  • 椅子の張替え加工実績カタログ
  • 加工実績カタログの中からお手持ちの椅子に近い形状の張り替え加工実績を検索
  • WEB受注実績をカタログとして紹介していますがその活用方法
  • 張り替え時期になっても愛され続けるソファやダイニングチェア等を常連イスとして紹介
  • 椅子の種類別に椅子張り替え実績から絞り込む
  • イス張り替え加工を中心に加工内容別に分類した実績カタログ
  • 製造メーカー別の椅子張り替え実績カタログ
  • 都道府県別実績カタログ
  • お客様からのご感想
  • 実績カタログの検索フォーム